kigyouhou-logo.jpg

目次
1・この商材で何がわかるのか

2・だれにでも、できるのか

3・費用はいくらかかるのか

4・時間のないひとにもできますか

5・モラルに反する内容なのか?

6・デメリットがあるのでしょうか?

7・セールスレター通りの結果が得られるのか

8・類似商材と比べてみます。

9・この商材についてのご質問受付します

10・用語集と対応地域

11・サイトマップ

12・特定商取引法に関する表記

13・利用規約

14・

15・



費用はいくらかかるのか

費用はいくらかかるのか検証します。

この「超」起業法は、

情報商材販売システムの構築法です。

情報商材をつくり、販売する。

こういうシステムの構築のためには、

いくらかの費用がかかる、かけないと儲からない。

と、作者は断言しています。

なにもかも、無料ですむような情報起業は存在しない。

しかし、作者は

その費用に応じた成果は必ずできるのが

正しい情報販売の証だと言っています。


はじめに、費用でびびっていては 

先に進めない ということですね。



商材についての詳しい情報は、こちら⇒ 「超」起業法


この、商材についての 

わたしへの質問は、こちら⇒ ご質問フォーム


次回は、実行に要する時間について考えます。

こちらから
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/80287115

この記事へのトラックバック
question.jpg mailmag001.jpg
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。